前へ
次へ

歯周病が進行するとどうなるのか

歯周病は歯周病菌が歯肉に炎症を起こす病気です。
歯周病が軽いうちは歯科の指示に従ってブラッシングをすることで症状を改善できます。
しかし、炎症が進むと最終的には歯が抜け落ちてしまい治療の負担も大きくなるので、早期に受診して進行を食い止めることが大切です。
歯周病は歯肉炎と歯周炎をひとまとめにした呼び方です。
初期は歯と歯肉の境目に歯垢(プラーク)がたまり、歯垢に増殖した歯周病菌が歯肉に炎症を起こします。
自覚症状のないことが多く、歯肉は赤身を帯びて少し腫れます。
この時点でブラッシングをして歯垢を除去すれば歯肉炎を治すことが可能です。
しかしプラークが付着したまま放置していると硬い歯石に変わり、歯と歯茎の境目にたまった歯石で歯周病菌が増殖てしまいします。
歯周病菌が歯肉に炎症を起こすことで歯と歯茎の境目には歯周ポケットと呼ばれる溝ができ、放置するとどんどん溝は深くなります。
これが歯周炎です。
歯周炎が進行すると歯周ポケットがどんどん深くなり、歯茎が下がるために歯が支えられなくなります。
また、炎症が歯肉の奥深くに進み、出血や膿、口臭などの症状を伴う歯槽膿漏が起こります。
歯槽膿漏まで進行すると、歯はぐらぐらして抜け落ちてしまうので、いよいよ入れ歯をしなければなりません。
このように歯を失うことにならないよう、早い段階から歯周病ケアをすることが大切なのです。

Page Top