前へ
次へ

歯周病は全身にもよくない影響を及ぼす病気

歯周病は、歯肉炎や歯肉炎など歯肉に起こる病気の総称です。
虫歯が進行すると歯がボロボロになってしまいますが、同様にこの歯周病も重症になると歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病は大人の2人に1人がかかるといわれるほど、現代の日本人に増えている病気です。
歯を失うだけでなく全身にもよくない影響を及ぼすので、歯と歯茎が健康なうちから予防をしなければなりません。
歯周病は、歯周病菌が歯肉に感染して炎症を起こす病気です。
歯周病菌の炎症が歯肉の深いところまで進行すると、歯肉から膿が出てぶよぶよになり、歯は支えられなくなって抜け落ちてしまいます。
この状態を歯槽膿漏といいます。
歯槽膿漏まで進行すると歯周病菌が患部から血液に入り込みやすくなり、歯周病菌が全身にいきわたることで血管にトラブルが起こすリスクが高くなるのです。
歯周病菌との関連が示唆されている病気には心臓疾患や脳梗塞、妊婦の早産などが挙げられます。
葉や歯茎のトラブルは生命に関わることのない病気と軽視されやすいのですが、時には危険な病気を引き起こすことがあるので注意が必要です。
歯周病を予防するためには歯科の定期健診を受け、適切なケアをすることが大切です。

Page Top