前へ
次へ

歯茎からの出血が止まらない時には歯科医院へ

歯ぐきから出血をしたら誰もが驚きますが、原因が自分でわからず一時的なものではないなら、歯医者さんで状態を確認してもらうことです。
原因としてその多くは歯周病であり、歯肉炎は比較的若い世代に多く、歯周炎は中年以降に多く見られる症状と言われています。
若者やキッズに覆うみられる歯周炎は骨が破壊するものではなく、炎症がおこるものの歯茎までです。
中年以降に多くなる歯周炎は破壊力があるタイプであり、歯茎はもとより感染が広がりますので、歯の土台となる骨にも大きく影響をします。
ホルモンのバランスが乱れることのある女性ですから、その時の年代や時期などに歯周病になりやすいです。
ティーンエイジャーを大化する思春期をはじめ、妊娠中もですが更年期などもその時期になります。
強い力での歯磨きで出血をすることもありますが、やはり原因がわからないなら歯医者さんに何が原因か、教えてもらった方が安心です。
また市種苗以外でも、歯茎に出血をすることはあります。

Page Top